2020.08.04 Tuesday 13:52

『ちびくろ・さんぼ』を抱えた男の子

 2011年4月16日、大船渡市立綾里保育所でおはなし会を開催させていただいた時のエピソードから『一冊の本をあなたに―3.11絵本プロジェクトいわての物語―』は始まります。末盛代表が絵本を探す男の子の様子を紹介したものです。その子が探していたのが『ちびくろ・さんぼ』、持って行った絵本の中にあったということがドラマでした。
 今年度はコロナ感染症対策のため、人を集めるイベント『出張絵本サロン』を開催することが難しくなり、活動開始当初にお邪魔した保育園・幼稚園に連絡をして伺うことにしていました。
 8月4日は大船渡市立綾里こども園にお邪魔することになっていました。ところが7月29日に盛岡市在住の方がコロナに感染したことが判明し、31日までの三日間で岩手県内に四人の感染者が出てしまいました。その結果、大船渡市としては支援を受け入れることができないという判断になり、今回は中止という連絡がありました。
 とっても残念ですが、改めて日程調整が出来る日がくることを祈るばかりです。

 

↑朝日新聞 2011年4月27日(水曜日)
この記事・写真は朝日新聞の許諾を得て転載しています

 

2011年4月16日の活動報告はこちらです。
2011.4.16
ボランティア:荷物開梱10人、本の仕分け13人 計23人
開梱済み件数:2,298件 77,045冊
大船渡市三陸町 綾里保育所にて、おはなし会を開催させていただきました。
07:35


中央公民館出発
10:25


大船渡市立綾里保育所 到着
甫嶺小学校の高橋校長へ 200冊寄贈
10:30


綾里保育所ホールでのおはなし会
参加者:こども50人、おとな40人、計90人
お話のあと、絵本400冊を寄贈しました。

 

↑この時の様子は朝日新聞に大きく取り上げていただきましたが、その記事を掲載した本も出版されました。

 

生きてごらん、大丈夫
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/a/0818.html

 

 綾里こども園の園長先生には、いろいろとご連絡いただきありがとうございました。少し落ち着きましたら、またよろしくお願いいたします。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

2020.07.31 Friday 21:06

絵本の小部屋にアサガオの花を飾りました。

 もりおか町家物語館が建つ鉈屋町は、江戸から明治時代にかけて、北上川舟運の起点、奥州街道、宮古街道の城下玄関口である「川原町」「惣門」に続く庶民的な町として発展してきました。
 2003年から任意団体として街並み保存の活動を始めた「盛岡まち並み塾」は、2017年にNPO法人となり、地域住民とともに、歴史的建築物等の保存・活用を図りながら、市民や観光客に「歴史や暮らし文化」を知ってもらい、地域の誇りとして、また、心の癒しの場として次世代に残す活動をしています。
 2012年から始まった「あさ顔プロジェクト」は、鉈屋町界隈の夏の企画として実施しています。7月から華麗な花を繰り返し咲かせ、お盆に見ごろを迎え、9月まで花を咲かせます。

 

https://www.machinamijuku.org/post/「あさ顔プロジェクト」が始まりました。

 3.11絵本プロジェクトいわての「あさ顔プロジェクト」です。どうぞご覧ください。

 

↑「絵本の小部屋」に入った突き当りにアサガオを飾りました。

 

↑これ、何でできていると思いますか?

 

↑これだけ近づいてもわからないと思います。パンフラワーです。

 

 絵本の小部屋に季節の花をと考えて、動いてくれたスタッフに感謝しています。絵本サロンのたびに、季節の花を作って飾ってくれました。どうもありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

 

アジサイの花を飾った時のブログはこちら
http://iwate.ehonproject.org/?eid=413

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.07.11 Saturday 15:42

絵本の小部屋にアジサイの花を飾りました。

 「もりおか町家物語館」文庫蔵2階にある「絵本の小部屋」のお花が「藤」から「紫陽花」に変わりました。梅雨らしいお天気が続いている盛岡です。季節のお花を見にお出かけください。

 

↑階段を登った突き当りにある看板です。

 

↑2012年にエリック・カールさんから届いたメッセージです。

 

↑少し暗くて目立たないかもしれません。

 

↑ピンクのお花は目立っています。

 

↑折り紙で作った紫陽花です。

 

↑ぜひ見にいらしてください。

 

 細かい作業を引き受けてくれていたスタッフは昨年旅立ちましたが、彼女の思いを大切にして活動を続けています。アジサイを見つけて飾ってくれたスタッフに感謝しています。どうもありがとうございました!!

 

藤の花を飾った時のブログはこちら
http://iwate.ehonproject.org/?eid=409

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.06.09 Tuesday 21:56

活動を再開しました。

 5月31日まで活動を休止していましたが、年間計画どおりに6月9日から活動を再開し、今年度初の出張絵本サロンで出かける準備をしました。
 現在決まっている今後の予定は、6月27日野田村生涯学習センター、7月18日宮古市民文化会館、9月15日宮古市あかまえこども園、9月23日岩泉町おもとこども園、11月21日大槌町おしゃっちです。今年度で活動を終了しますので、一年目の2011年にお邪魔した保育園に連絡をして、受け入れ可能なところへは絵本のプレゼントだけでも伺うことができればと考えています。
 2011年の活動報告を振り返って調べていると、いろんな思い出がよみがえってきます。あの頃保育園で会った子どもたちは中学生になっていると思いますが、私たちのことを覚えていてくれるのでしょうか?私には忘れられない子どもたちがたくさんいるのですが…

 

↑末盛代表も今日の日を楽しみにしていたようです。少し密ですが換気は良いです。

 

↑コロナうつになりそうだった!?末盛代表の近況を伺って終わりました。

 

 今年の秋から冬にかけてインフルエンザの流行が始まると、コロナと混在して大変なことになるのではないかということも言われていますので、10月、11月を希望している市町村に予定通り伺うことが出来ないかもしれないと危惧しています。保育園にお邪魔することによって、お預かりした支援金で絵本のプレゼントが出来る機会を増やすことが出来るのではないかと考えています。
 うちに来てほしいという情報があれば日程を調整しますので、みなさまからのご連絡お待ちしています。

 

3.11 絵本プロジェクトいわて事務局
住所:〒 020-0013 岩手県盛岡市愛宕町14-1 盛岡市中央公民館
Tel:019-654-5366 Fax:019-653-3505

e-mail:iwate@ehonproject.org

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.06.02 Tuesday 20:55

絵本の小部屋のお人形が代わりました。

 3月11日にお人形を飾ってくれたスタッフから「絵本の小部屋のお人形をいれかえました。お時間がありましたらご笑覧くださいませ」と連絡がありました。早速行って写真を撮ってきました。
 盛岡市中央公民館で定期的に絵本サロンを開いていた時に、メンバーのリクエストに応えて作成していたお人形ですが、お話が途中までになっていた『えすがた あねさま』の後半を作り足して展示してくれました。

 

前回お人形を展示したときのブログ
http://iwate.ehonproject.org/?eid=406

 

↑全体はこんな感じです。階段を登った突き当りに飾っています。

 

↑絵本も展示していますので読んでみてください。

 

↑ここからスタートです。

 

↑美しいむすめが嫁に来てくれたので、うれしくてうれしくて。

 

↑「おらの よめこ いい おなごだなす。」

 

↑こんなに喜んでいます。

 

↑殿様登場!ここから新作です。絵で見た美しい娘を探し出します。

 

↑笑わない娘を笑わせた「くりうり」を呼び寄せました。

 

↑娘を笑わせる「くりうり」をうらやむお殿様。

 

↑あれれ!?「くりうり」がお殿様の着物を!

 

↑お殿様はこんな姿になっていました。あれまあ…

 

 来週9日から全体の活動を再開しますが、緊急事態宣言が解除されたところで、自主的に動いてくださってありがとうございました。
 表情豊かなお人形がお待ちしています。どうぞお出かけください。

 

5月26日のブログ
http://iwate.ehonproject.org/?eid=409

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.05.26 Tuesday 17:13

絵本の小部屋に藤の花を飾りました。

 「もりおか町家物語館」文庫蔵2階にある「絵本の小部屋」の模様替えをしました。
 新型コロナウィルスの感染者ゼロの岩手県内ですが、盛岡市の各施設は休館していました。「もりおか町家物語館」は5月9日から施設利用を再開しています。どうぞお出かけください。

 

もりおか町家物語館
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisetsu/bunka/kinenkan/1006837.html

 

↑「絵本の小部屋」は屋根裏部屋のような薄暗い空間です。

 

↑藤の花はこちらに飾りました。

 

↑バーバパパは「なぞなぞ」です。

 

↑えんそくの本がありますね!いつになったら行けるかな?

 

↑室内には数多くの段ボールに書かれたメッセージを飾っています。

 

今月末まで活動休止中のスタッフが思い出して模様替えしてくれました。どうもありがとうございました。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.04.19 Sunday 21:01

活動を休止します。

 新型コロナウィルス国内感染者は1万人を超えました。緊急事態宣言の対象地域に岩手県も入ったことにより、絵本プロジェクトの活動を5月末まで休止します。
 5月31日に出張絵本サロンを予定していた大船渡市の「おおふなぽーと」は休館中ですので、秋に延期することにしました。
 6月27日には野田村、7月18日は宮古市へ出張絵本サロンで出かける予定になっています。
 5月6日まで、外出や人との接触をできる限り控える努力をすることによって、早期に収束できることを願うのみです。

 

↑4月19日、盛岡市中央公民館の桜です。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.03.31 Tuesday 20:14

桜前線北上中

 桜の開花宣言が、あちらこちらから聞こえてくるようになりました。もりおか町家物語館「絵本の小部屋」に一足早く桜が咲きました。季節の変化を感じていただけたら嬉しいです。どうぞお出かけください。

 

もりおか町家物語館
http://machiya.iwate-arts.jp/

 

↑休校になってから親子連れの姿が増えたようです。

 

↑細かい手作業による桜です。

 

↑宮沢賢治のコーナーです。

 

↑メッセージが書き込まれた段ボールも展示しています。

 

 3月11日に「お人形を取り換えてきたよ」と連絡をもらったスタッフが「それでは私は装飾を」と動いてくれました。どうもありがとうございました。

 

昨年のブログはこちら
http://iwate.ehonproject.org/?eid=388

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.03.16 Monday 20:39

もりおか町家物語館のお人形が変わりました。

 街並みを保存している鉈屋町にある観光文化交流施設「もりおか町家物語館」文庫蔵2階には「絵本の小部屋」があります。屋根裏部屋のような、立って歩くことが出来ない空間は、なぜか落ち着きます。
 新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、盛岡市内の学校も一斉に休校になりました。なかなか出かける機会がなかった方におすすめです。絵本があってほっとできる場所でくつろいでみませんか?

 

もりおか町家物語館
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisetsu/bunka/kinenkan/1006837.html

 

↑昔話の主人公がそろってお待ちしています。

 

↑最近はテレビのCMに登場していますね。

 

↑「うりこひめとあまんじゃく」

 

↑「うらしまたろう」

 

↑「いっすんぼうし」

 

↑「かぐやひめ」

 

↑「ももたろう」

 

↑「はなさかじいさん」

 

 3月11日に開催された祈りの灯火のボランティアに参加しなかったスタッフが「今日できること」を考えて行動してくれました。常に「いま何ができるか」と自分に問いながら活動してきたからできることですね!どうもありがとうございました。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

2020.03.14 Saturday 21:22

祈りの灯火2020〜思い新たに〜が開催されました。

 今年の3月11日は暖かな朝でした。小雨が降る中、午前10時にもりおか歴史文化館前に集合した絵本プロジェクトのメンバーは14人、受付で資料を受け取り、説明を聞いて作業開始。
 新型コロナウィルスの感染症拡大懸念のため、規模を大幅に縮小しての開催となり、例年大勢のボランティアを送り込んでいる中学校、高校の協力が得られないため、午前から灯ろうを並べ始めるなど、作業手順も大幅に変更しました。
 政府主催の追悼行事が中止になったため、岩手県公会堂で開催予定だった盛岡広域首長懇談会主催の追悼行事は場所を変更し、祈りの灯火の会場で行うことになりました。14時40分開始の東日本大震災9周年行事「復興への誓い」に間に合うように灯ろうを並べていきました。震災発生時刻の14時46分、参列した関係者の黙とう、その後の献花で「復興の誓い」は終了しました。
 ボランティアの人数が不足しているため、17時の点灯式前に外側の灯ろうから火を灯し始めました。釜石市の鵜住居で被災し盛岡の大学に進学した学生の宣言で一斉に点灯しましたが、雨が強くなり次々と火を灯しても消えてゆくため大変な作業となりました。

 

↑田老式灯ろうの輪の中に、盛岡二高の生徒が作成した牛乳パック灯ろうをハート形に並べました。

 

↑会場入り口看板です。

 

↑協力団体・企業・個人の中に「3.11絵本プロジェクトいわて」もあります。

 

↑午前中は雨も降らずに作業が進みました。

 

↑雨具をしっかり着込んでいるので汗だくでした。

 

 3.11絵本プロジェクトいわてからボランティア17人が参加しました。参加した皆さん、お疲れさまでした。

 

祈りの灯火Facebook
https://www.facebook.com/inorinotomoshibi

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

<<new | 1 / 15pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.