2011.05.23 Monday 11:18

えほんカー1号車 完成御礼

 5月20日(金)えほんカーの1号車が完成しました。

3.11 絵本プロジェクトいわての活動が始まってから2ヶ月も経たずに完成したのは、えほんカーを応援してくださったたくさんの方々の協力があってこそです。

今日は、えほんカーの制作にご協力くださったみなさまをご紹介します。

事務局内で絵本の届け方や被災地の状況などを話し合っていた時に「移動図書館車」というアイデアが出されました。そして、実現するためにはどうすれば良いか、山あいや細かな道の先にある保育施設などに絵本を届けるためにはどうすれば良いか、沿岸地区を車で走りながら考えました。そして、出された結論が、軽自動車の移動図書館車「えほんカー」でした。

製作の実現にむけ、ご相談させていただいたのは移動図書館車を専門的に作り続けている林田製作所の塩澤さんでした。FAXと電話でご連絡させていただき、埼玉の工場へ伺い、移動図書館の歴史や製作について教えていただき、絵本プロジェクトの活動や軽自動車で作るアイデアのお話しをさせていただきました。

問題になったのは震災後、車が手に入らないということ。 

そこで、軽自動車の特殊車両なども多く手がけている竹内ボデーの竹内さんをご紹介いただき、竹内さん経由で三菱自動車の内木さんをご紹介いただきました。

内木さんは、毎日のようにベース車両の製産状況を確認し連絡してくださり、1日でも早く架装工事に入れるようにと急いでくださいました。

林田製作所の塩澤さんを師匠とあおぐ竹内ボデーの中村さんは、無茶な注文にもとても丁寧に対応してくださり、何度も修正案を作成してくださいました。

中村さんの引いた図面をもとに、実製作に取りかかってくださった竹内ボデーのみなさんによって、えほんカーは製作されていきました。

竹内さんは、車作りだけでなく、使う際の注意点や現場の状況への対応の仕方なども教えてくださいました。

車も完成に近づき、マーキング作業では、アオキ広告の藤沢さんの職人芸も見せていただきました。

本当に沢山の方々によって完成したえほんカーなのです。

えほんカーの実現にご協力くださったみなさま、そして、何より、3.11 絵本プロジェクトいわての活動にご賛同くださり、絵本の寄贈・活動支援金の寄付をしてくださったみなまさによって実現することができましたことを感謝いたします。まことに有り難うございました。

3.11 絵本プロジェクトいわて事務局



↑1号車が完成!ご協力いただいたみなさまと記念撮影


↑盛岡へ向けて出発です


↑行ってきます!


↑途中、サービスエリアで一休み


↑無事に盛岡に到着、早速絵本を積み込みます


↑始めてのお届けは野田村の野田保育所です
  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.