2016.11.27 Sunday 16:34

福島市立図書館へ行ってきました。

 11月18日(金)、福島市立図書館の図書ボランティアの会の皆さんと交流会をしました。盛岡から13名、名取から3名、福島の会員32名、福島市立図書館長さんもご参加いただき、総勢49名でした。
 福島市へは2年続けて出張絵本サロンで出かけていましたが、今年度は、試して伝える「絵本サロンプロジェクト」の目的に沿った活動を模索し、打合せを重ねて開催に到りました。
 10時半から12時まで各グループの活動報告、14時までは昼食を取りながら交流を深めました。とっても楽しい時間を共有することが出来たと思います。

 

↑図書ボランティアの会は「図書修理」「対面朗読」「読み聞かせ」「手でさわる絵本」の4グループで活動しています。

 

↑はじめに図書ボランティアの会中西会長からごあいさつをいただきました。
次に3.11絵本プロジェクトいわてのパンフレットを使ってご説明しました。

 

↑続いて佐藤図書館長のご挨拶。市立図書館開設時に職員として担当し、2年前に館長に就任されたそうです。

 

↑福島の方々の活動報告は「図書修理班」からでした。メンバーは8名(内3名男性会員)、一番歴史が長いグループです。

 

↑次に「読み聞かせ班」のエプロンシアター「なぞなぞパン屋さん」。
子どもに返って楽しみました!

 

↑「手でさわる絵本班」は作品を展示していました。

 

↑絵本は手に取って見せていただきました。とても手がかかる作業に、皆で感嘆しました。

 

↑「対面朗読班」は「朗読劇」をご披露してくださいました。オリジナル曲を演奏される方、本物の水で効果音を担当される方、いつもは陰の存在も見せていただきました。

 

↑遠野の昔話「折合川のかっぱ」。最後に「かっぱ踊り」に合わせてみんなで手拍子。

 

↑絵本プロジェクトからは出張絵本サロンの演目をご披露しました。
ご挨拶代わりの「お花がわらった」、バスの中でしっかり練習して臨みました。

 

↑昨年、鹿児島で開催された国民文化祭でもご披露した、スケッチブックシアター「注文の多い料理店」をご覧いただきました。大変好評でした。

 

↑人形劇「ひとやまこえて」

 

↑高知の昔話「ちんころりん」

 

↑ストーリーテリング「ラピンさんとシチメンチョウ」は名取のメンバーが担当しました。

 

↑最後に「ワニのうた」をみなさんで!

 

↑昼食をいただいた後は、一人ずつ自己紹介をしました。質疑応答もありました。

 

↑玄関前まで見送りに出てくださった皆さんと、記念撮影をして帰途につきました。

 

 絵本プロジェクトの活動報告をご覧になっての感想は「みんな並んで楽しそうでした。」確かに、並んで発表する「おはなし会」は珍しいかもしれない…と思いました。
 福島のみなさん、どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.