2016.12.06 Tuesday 22:12

田老から陸前高田へ

  9月に神戸で、絵本プロジェクトの活動をお話しさせていただく機会がありました。その時に知り合った神戸市立兵庫図書館のお二人が、12月3日、絵本サロンに遊びに来てくださいました。
 4日は活動開始当時のボランティアスタッフが鞍掛山・網張温泉をご案内し、5日は事務局が沿岸をご案内しました。
 国道106号線を宮古市に向かっていると、台風10号の爪痕が。田老から陸前高田まで通して走るのは5年ぶり。防潮堤が完成しつつあり、海が見えなくなった45号線でした。

 

↑田老の防潮堤から高台に出来た住宅地が見えました。右端は田老観光ホテルです。
このホテルに宿泊した方には、ホテルから撮影した津波の映像を見せていただけます。

 

↑保存か取り壊しか、結論を待つ大槌町役場庁舎。

 

↑大槌町城山公園には神戸から届いた「希望の灯り」があります。

 

↑釜石市唐丹には「明治」「昭和」「平成」の津波顕彰碑が並んでいます。

 

↑陸前高田の一本松に到着した頃には、月が昇ってきていました。

 

↑3日に絵本サロンで記念撮影をしました。みんな良い笑顔です!

 

 突然お邪魔した大船渡の「おはなしころりん」さん、「大船渡市立図書館」さん、大変お世話になりました。おはなしころりん代表の江刺さんのお話を聞くことが出来てとても良かったと喜んでいただきました。どうもありがとうございました。
 兵庫図書館のお二人は、来年8月にも絵本サロンに遊びに来たいと言っています。楽しんでいただけたようで何よりです。お待ちしていま〜す

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.