2017.07.24 Monday 20:43

陸前高田市立図書館落成式

 7月20日(木)午前9時から、再建された陸前高田市立図書館の開館記念式典が、旧市街地に盛土した高台に出来たばかりの商業施設との複合施設「アバッセたかた」のパブリックスペースで、行われました。出席者は、約100名。絵本プロジェクトは市外からの来賓(協力者)として招待され出席しました。陸前高田市には、震災直後、およそ2000冊の児童書を寄贈したほか、高田小学校、保育所、避難所に贈り、図書館再建準備のためには、折り畳みコンテナを大量に寄贈しています。
 開式は、犠牲者を悼んでの黙祷から始まりました。通称社会教育団地にまとまって建てられていた図書館、博物館、中央公民館、体育館は、全て全壊し多くの職員が避難者とともに亡くなられました。再開の「祝い」の席だからこそ、追悼の誠を捧げなくてはならないのです。

 

↑式は、戸羽市長の式辞、教育長の経過報告、国会議員等からの祝辞のあと、場所を外に移動し、玄関前でテープカットが行われました。

 

↑絵本プロジェクトの活動にも協力された菅野健一・和枝さんご夫妻の娘さんがテープの一端を持っていらっしゃいました。

 

↑新しい図書館は9万冊の蔵書可能数ですが、現在6万5千冊が収蔵されています。児童書コーナーは大きなスペースではありませんでしたが、読み聞かせコーナーもあり、机も成長に合わせた高さで配慮されていました。

 

↑充実感があるのは震災関連図書です。四連の書架全部が震災関連図書です。

 

↑「一冊の本をあなたに」も納められていました。

 

↑また、飲み物持込持参(但し、蓋付き)という配慮は利用者にとって嬉しいでしょう。半屋外には読書テラスが設けられています。

 

 

3.11絵本プロジェクトいわて幹事 坂田裕一

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.