2017.08.01 Tuesday 21:46

兵庫図書館だより

 兵庫図書館長の垰下さんから「ニコニコ、ぴかぴか〜☆片岡抄子の奮戦?記」の原稿が届きました。「兵庫図書館だより」8回目は番外編第二弾です。

 

垰下さんからいただいたメールからご紹介します。

こんにちは。兵庫図書館の垰下です。
「兵庫図書館だより」番外編、第二弾は、6月に初めて参加した神戸は、兵庫区、新開地の「新開地土曜マルシェ」での様子をお届けします。題して、「ニコニコ、ぴかぴか〜☆片岡抄子の奮戦?記」〜です。
新開地のまちは、戦前は、「東の浅草、西の新開地」と謳われるほどの大歓楽街で、神戸大空襲で一度焦土と化すも戦後は故・淀川長治さん(映画評論家)も毎日のように、ここで映画を見て育ったと回想されるほど、「映画のまち」として大いに賑わったまちです。高度経済成長期の到来と共に、娯楽の多様化、まちに溢れていた労働者も大企業の工場の撤退、縮小と共に減少、まちは目にみえて衰退化、まちが荒れてしまいました。いつしか、新開地は神戸に住むひとたちから敬遠、足が遠のくまちとして認識されるようになってしまいました。
しかし、地元の商店主の人達を中心に「このままではあかん!」との危機感から「アート」と「遊び」そして「都市居住」の3本柱を念頭においた「まちづくり」が進められます。
そんな矢先、あの阪神淡路大震災が発生し、地区の7割強が全半壊、壊滅的な被害を受けてしまいます。まち再生へのきっかけを失ってしまったかに思われた震災から5日後、「震災後の復興で、目指すまちづくりを実現させること」を救援テントのなかで行われたまちづくり協議会の役員会で人々は宣言します。
以降、地元主導、行政支援、の形で、まちづくりを循環させる仕組みづくりなど、挑戦につぐ、挑戦で、2005年、新開地誕生100周年を期に「B面の神戸」をキャッチコピーにレトロで粋、通好みな新開地のまちファンを獲得し続けています。
その新開地のまちの歴史、文化を背景に背負う「新開地土曜マルシェ」で、まちゆく人にニコニコとぴかぴかな笑顔を届けれるよう、兵庫図書館と片岡が今回も奮闘しますよ〜

 

ニコニコ、ぴかぴか〜☆ 片岡抄子の奮戦?記

おひさしぶりの片岡です☆ 今回の「兵庫図書館だより」番外編は、6月10日に地元神戸の兵庫区、新開地で毎月(例外あり)第2土曜日に開催の「新開地土曜マルシェ」に神戸市立兵庫図書館、出張図書館「旅する図書館BIb(びぶ)」として参加した時のお話しですよ〜♪

 

 

「新開地土曜マルシェ」は新開地のまちと農村・漁村をつなぎ まち暮らしをもっと楽しくをコンセプトに、ひょうごのええもんあつめましたがテーマの素敵な催しです。
兵庫図書館もええもん(良いもの)のひとつとして?参加です(笑)

 

 

会場である新開地商店街の通りにテントを張って、新開地に関わりのある本や絵本を図書館から持ってきました。吹き抜ける風が心地よい午後、テントの前で読みきかせ

 

通りに面した野外ステージ「空の下の演奏会」でも歌って踊る読みきかせ始まるでぇ〜
さあ、はじまり、はじまり〜

それ!みんなで ダンス♪ ダンス♪
この日の一番人気は「サカナ釣り」折り紙のおサカナを釣るだけでなく、おサカナをつくっちゃお〜♪わいわい わいわい♪

 

実は、とっても小さなサカナも中には泳いでいて、釣り上げるのが難しい〜!!!
小さな子から大きな子まで大興奮の会場です!!
この日の釣果は、どれくらい?

兵庫図書館の長い夏は始まったばかりです!次はなにに挑戦しようかな?の片岡でした☆

 

 

垰下さん、ご報告ありがとうございました。片岡さんは8月5日の絵本サロンに参加の予定です。どうぞ気をつけてお出かけください。

 

前回の兵庫図書館だより
http://iwate.ehonproject.org/?day=20170602

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.