2019.04.03 Wednesday 21:48

兵庫図書館だより 2019.3.29

 兵庫図書館長の垰下さんから「はい!いわて♪片岡きりんの奮戦?記」の原稿が届きました。「兵庫図書館だより」11回目は、3.11絵本プロジェクトいわて応援展示3回目のご報告でした。

 

垰下さんからいただいたメールからご紹介します。
こんにちは。兵庫図書館の垰下です。およそ、一年ぶりとなりますが、兵庫図書館だより「はい! いわて♪片岡きりんの奮戦?記」をお届けします。
今年の3月11日の夜は、3.11絵本プロジェクトいわての皆さまと僕たち兵庫図書館がつながる機会をお贈りくださった神戸の画家、高濱浩子さんが話者となり企画コーデイネートをされた「東日本大地震8年目の3.11岩手の人に会ってきました話会」に片岡と一緒に参加しました。
会のなかでは、小綿さん、おはなしころりんの江刺さん、と僕と片岡が初めて岩手に旅した際にお会いし、お話を伺った方々とテレビ電話を介しての嬉しい再会もあり、僕たちにとって、とても大切な時間を過ごすことができました。
今回の兵庫図書館だよりのタイトルに「はい いわて」とあるのは、その時に高濱さんからお伺いした、心に残ったエピソードからです。東北を訪れた、神戸の人たちの想いは、まるで柔らかな毛布で心をくるんと包みこむように、細やかで、慎ましい、だけど、とても心が温かくなる小さな祈りであるように思えます。
皆様のそのような気持ちと共に、僕たちも神戸で活動を続けています。それでは、皆さまの想いを受け、まっすぐな心と人一倍の行動力で、応援展示を続けてきた片岡きりんの奮戦?をどうぞ!

 

追伸

片岡はこれからも、岩手と神戸で得た、たくさんの想いを胸に、今度は別の形で、想いをつなげ、育むことをつなげて行くと思います。
彼女がたくさんの時間をかけて紡いだ兵庫図書館での物語と、その手で作り続けてきた創作物の数々は、これからも兵庫図書館のなかで笑顔の花をきっと、きっと咲かせ続けると思います。
また、昨年の9月から3月まで、忙しい時間のなか、合間を縫うようにして通った防災リーダー養成講座を経て、「防災士」の卵となった片岡です。
今年も必ず、いわての皆さまにお会いすべく、盛岡、そして大船渡へと出かけて行きますので、片岡きりん、兵庫図書館ともども、引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

はい!いわて♪ 片岡きりんの奮戦?記

 

ごぶさたしてます!片岡です☆ 今回の「兵庫図書館だより」は、
今年で3回目となる「3.11絵本プロジェクトいわて応援展示」についてお伝えします。
図書館閲覧室に入ってすぐの会場には、末盛代表の「あれから8年です」のメッセージボードと、思いをこめて選んだ本が、みなさんをお迎えします。

 

そして、その頭上には! あ☆

蝶々!雲!たんぽぽ〜 と春をイメージした切り紙が応援展示を彩ります。

 

末盛さんの“あれから8年です”のお言葉です。兵庫図書館で今年も伝えていきます。

 

みなさんの活動の様子を伝える階段ギャラリーも始まってます。

 

 

としょこちゃんが展示パネルに案内します☆

 

私はこの3月末をもって兵庫図書館を卒業しますが、岩手、盛岡のみなさんの想いを新しい場所で伝えたり、3年7か月を過ごした兵庫図書館での経験を生かして、わたしなりの「やってみっぺし」を始めてみたいと思っています。

 

したらば、いつの日か、片岡きりんの奮闘?を別の形でお届けできるようにいろんな場所でも笑顔の花を咲かせれるように私の心で咲く花には、「はい いわて♪」と微笑みたい
兵庫図書館 片岡きりんでした。

 

 

 

片岡さん、ご報告ありがとうございました。新たな環境でも「片岡きりんらしさ」を発揮して、本好きな兵庫県民を増やしてください。健康第一、休暇は有効に使いましょう!!
またのお越しを首を長くしてお待ちしています。

 

前回の兵庫図書館だより
http://iwate.ehonproject.org/?day=20180710

 

昨年の応援展示の様子はこちら
http://iwate.ehonproject.org/?day=20180713

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.