2020.03.14 Saturday 21:22

祈りの灯火2020〜思い新たに〜が開催されました。

 今年の3月11日は暖かな朝でした。小雨が降る中、午前10時にもりおか歴史文化館前に集合した絵本プロジェクトのメンバーは14人、受付で資料を受け取り、説明を聞いて作業開始。
 新型コロナウィルスの感染症拡大懸念のため、規模を大幅に縮小しての開催となり、例年大勢のボランティアを送り込んでいる中学校、高校の協力が得られないため、午前から灯ろうを並べ始めるなど、作業手順も大幅に変更しました。
 政府主催の追悼行事が中止になったため、岩手県公会堂で開催予定だった盛岡広域首長懇談会主催の追悼行事は場所を変更し、祈りの灯火の会場で行うことになりました。14時40分開始の東日本大震災9周年行事「復興への誓い」に間に合うように灯ろうを並べていきました。震災発生時刻の14時46分、参列した関係者の黙とう、その後の献花で「復興の誓い」は終了しました。
 ボランティアの人数が不足しているため、17時の点灯式前に外側の灯ろうから火を灯し始めました。釜石市の鵜住居で被災し盛岡の大学に進学した学生の宣言で一斉に点灯しましたが、雨が強くなり次々と火を灯しても消えてゆくため大変な作業となりました。

 

↑田老式灯ろうの輪の中に、盛岡二高の生徒が作成した牛乳パック灯ろうをハート形に並べました。

 

↑会場入り口看板です。

 

↑協力団体・企業・個人の中に「3.11絵本プロジェクトいわて」もあります。

 

↑午前中は雨も降らずに作業が進みました。

 

↑雨具をしっかり着込んでいるので汗だくでした。

 

 3.11絵本プロジェクトいわてからボランティア17人が参加しました。参加した皆さん、お疲れさまでした。

 

祈りの灯火Facebook
https://www.facebook.com/inorinotomoshibi

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.