2020.07.06 Monday 14:32

野田村へ行ってきました。

 6月27日(土)、今年最初の出張絵本サロンは野田村での開催でした。60人もの方が参加してくださいました。
 2011年3月24日に活動を開始しましたが「被災地の子どもたちに絵本を届けよう!」という思いがあっても、具体的にどうすればいいのかは誰にもわかりません。とにかく送っていただいた絵本を整理しながら、お届け先の情報を待っていました。
 野田村出身の作家宇部京子さんから野田村図書館が津波被害にあったというお手紙が届きました。添えられた写真にビックリ!図書館の中に乗用車が流れてきていました。何ができるか考えるため野田村の教育委員会を尋ねました。
 あれから10年、今年9回目となった出張絵本サロンは野田村との長いお付き合いを表す回数です。2012年図書館が再開したときから一年に一回お邪魔してきました。「読み聞かせボランティアあっぷっぷ」の皆さんとも交流会を重ねてきましたので、お互いに思い出を語り合った最終回でした。

 

↑野田へは白樺の林を抜けて向います。何度この道を進んだのでしょうか。

 

↑到着すると「控室は奥の和室です」と案内されました。
密にならないように広い部屋を準備してくださいました。

 

↑野田村の書店さんに発注していた本を積み込む作業は「あっぷっぷ」の皆さんにお手伝いいただきました。

 

↑ 受付 検温 手の消毒 をして会場へご案内。

 

↑野田村の小田村長が会場にいらっしゃり、みんな神妙にお出迎え。

 

↑小田村長です。いつも「図書館に車で入ってはいけません」と言っているそうです。

 

↑9回目の成果です。クイズラリーを楽しみに来てくれています。

 

↑クイズラリーに参加したかたにおみやげを渡しています。

 

↑おみやげの「はらぺこあおむし」を見せてくれました。

 

↑おはなし会が始まりました。出張絵本サロンの看板が準備されていて感激。

 

↑密にならないよう人数制限し、マイクで代表が歌いました。

 

↑大型絵本「きんぎょがにげた」

 

↑どこに逃げたか教えてくれています。

 

↑「はらぺこあおむし」が始まりました。

 

↑あおむしさんもコロナ対策、みどりのマスクをしましたヨ。

 

↑おなかがすいたあおむしはいろんなものを食べて

 

↑最後はきれいなちょうちょになりました。

 

↑「あおいふうせん」みんな集中して聞いてくれました。

 

↑ストーリーテリングは九戸村の「オドデさまのお話」

 

↑「ちょうちょが ね」で終わりました。

 

↑これから絵本のプレゼントです。

 

↑参加者が多いので少し密になりました。

 

↑小田村長もお孫さん用に絵本を選んでいました。

 

↑最後の交流昼食会はホールでお弁当をいただきました。

 

↑テーブル一つに一人ずつ座り、いつものように全員が一言ずつお話ししました。
息子さんの結婚式が予定されていた方がいましたが、コロナで結婚式が延期になり参加できたそうです。(良かった)

 

↑あっぷっぷのみなさんからメンバー一人一人にお花をいただきました。

 

↑記念写真には宇部さんも一緒に入っていただきました。

 

 宇部さんには毎年野田村の出張絵本サロンに足を運んでいただきました。その上スタッフにおみやげもいただき本当にありがとうございました。つないでいただいたご縁に感謝申し上げます。
 教育委員会の中居さんには日程調整から広報まで大変お世話になりました。昨年は他の行事と重なり当日はご挨拶だけでしたが、今年は交流会もご一緒出来て良かったです。活動を終えるまで引き続きよろしくお願いいたします。
 あっぷっぷの皆さんには準備から後片付けまでほんとにお世話になりました。帰りにはお花まで頂戴して恐縮しております。私たちの活動の成果を活用していただいていることに感謝しております。今年のあっぷっぷまつりも楽しみです。今後ますますのご活躍を祈念しております。

 

2019年6月29日の様子はこちら
http://iwate.ehonproject.org/?eid=390

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.