2020.08.04 Tuesday 13:52

『ちびくろ・さんぼ』を抱えた男の子

 2011年4月16日、大船渡市立綾里保育所でおはなし会を開催させていただいた時のエピソードから『一冊の本をあなたに―3.11絵本プロジェクトいわての物語―』は始まります。末盛代表が絵本を探す男の子の様子を紹介したものです。その子が探していたのが『ちびくろ・さんぼ』、持って行った絵本の中にあったということがドラマでした。
 今年度はコロナ感染症対策のため、人を集めるイベント『出張絵本サロン』を開催することが難しくなり、活動開始当初にお邪魔した保育園・幼稚園に連絡をして伺うことにしていました。
 8月4日は大船渡市立綾里こども園にお邪魔することになっていました。ところが7月29日に盛岡市在住の方がコロナに感染したことが判明し、31日までの三日間で岩手県内に四人の感染者が出てしまいました。その結果、大船渡市としては支援を受け入れることができないという判断になり、今回は中止という連絡がありました。
 とっても残念ですが、改めて日程調整が出来る日がくることを祈るばかりです。

 

↑朝日新聞 2011年4月27日(水曜日)
この記事・写真は朝日新聞の許諾を得て転載しています

 

2011年4月16日の活動報告はこちらです。
2011.4.16
ボランティア:荷物開梱10人、本の仕分け13人 計23人
開梱済み件数:2,298件 77,045冊
大船渡市三陸町 綾里保育所にて、おはなし会を開催させていただきました。
07:35


中央公民館出発
10:25


大船渡市立綾里保育所 到着
甫嶺小学校の高橋校長へ 200冊寄贈
10:30


綾里保育所ホールでのおはなし会
参加者:こども50人、おとな40人、計90人
お話のあと、絵本400冊を寄贈しました。

 

↑この時の様子は朝日新聞に大きく取り上げていただきましたが、その記事を掲載した本も出版されました。

 

生きてごらん、大丈夫
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/a/0818.html

 

 綾里こども園の園長先生には、いろいろとご連絡いただきありがとうございました。少し落ち着きましたら、またよろしくお願いいたします。

 

3.11絵本プロジェクトいわて事務局長 赤沢千鶴

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

Copyright (C) 3.11 ehonproject iwate.,All rights reserved.